• ホーム
  • IP分散サーバーを利用するメリットとデメリット

IP分散サーバーを利用するメリットとデメリット

2019年06月24日
色々なSNSアイコン

IP分散サーバーを使うことのデメリットは多くありませんが、いくつかあります。その1つは費用がかかるということです。IP分散サーバーを利用するためにはそのサービスを行っている業者から借りることになります。それゆえに月額料金がかかってしまいます。もしも、自社で用意するのであれば月額費用は抑えられますが、初期費用がかかることになります。

もう1つのデメリットは自前の技術を使いにくいということです。既にサーバーを持っている会社の場合はそちらを使うことで料金を抑えられるように思われがちですが、IP分散に対応していないと使うことが出来ない恐れもあります。IP分散を利用することへのメリットは非常に豊富となっており、これらのデメリットを打ち消すことは十分に可能です。

IP分散サーバーを現実的に利用するのであればレンタルということも選択肢に入ります。レンタルにすれば初期費用がそれほどかからず、月額料金なども収益でカバーできる可能性があるからです。レンタルサーバーを選ぶ際には業者が提示する料金や条件などを詳しく確認しておくことが重要となります。レンタルサーバーを利用するメリットはコストが低く、手軽さがあることです。長く利用するつもりであれば、新しくサーバーを開設することも有効となります。しかし、先行きが不透明な中で新しく開設することは容易ではありません。それゆえに必要なものは借りるというケースが多いです。

ドメインを分散させたい場合も同様であり、同一ドメインを回避することが出来ます。サイトを運営するにあたってIPアドレスの問題は避けることが出来ません。サーバーにはコストがかかりますが、低コストばかりにこだわっているとどうしても質の部分が後回しになりがちになります。その点に注意しながら手軽さなども含めて運営することが大切です。

IP分散を行うことにより、検索順位を大幅に上げられる可能性があります。そのメリットを踏まえるとIP分散サーバーを利用することがサイト運営において重要と言えます。IP分散は専門の技術があればそれほど難しい技術ではありません。しかし、確実に行いたいという場合は業者に依頼することが有効です。これまでに分散を行っていなかったというサイトも、分散を行うことで大きく変わるかもしれません。IP分散にミスがあり、同一のIPになってしまっていた場合はペナルティが科される可能性があります。その点に気を付けつつ、確実性も重視してIPの分散のための用意をすることが大切です。