• ホーム
  • IP分散サーバーのコストはどれくらいかかるのか?

IP分散サーバーのコストはどれくらいかかるのか?

2019年07月29日

アフィリエイトサイトでは、サイト内にある広告に利用者がクリックをすることによって収入が発生する仕組みになっています。つまり、サイトの利用者が少なければそもそも収入を得ること自体が難しくなってしまう可能性があります。そこでアクセス数を増やせるようにコンテンツを充実させたりすることが重要となります。

しかし、それだけでは検索順位を高められないこともあります。そこで大切なのが被リンクの増加とIPアドレスの分散です。被リンクの多いサイトは信用性の高いサイトと見なされやすく、通常であれば検索順位が高くなります。ところが、被リンクとIPアドレスが被っている場合は自分が作ったサイト同士で被リンクを繋ぎあっていると見なされる恐れがあります。そこでIPアドレス拡散を行うことが有効といえるでしょう。

同様に重要となるのがドメイン分散です。ドメインが被っていると同一の運営元であると見なされる恐れがあります。同一の運営元となっているサイト同士のリンクはあまり評価されないのが実際のところです。レンタルサーバーの中にはIP分散とドメイン分散の両方を行えるものもあります。有効に活用することで大幅に高いSEO対策を実施できるかもしれません。

レンタルサーバーを選ぶときにはプランを比較することが大切です。どうしても費用の面が気になるという方も多いかもしれませんが、プラン次第では費用をカバーできる可能性もあります。コストと利用することへのメリットが釣り合っているかを確認しておくことで安心して利用を開始できます。コストは月額2,000円以下に抑えられることもあります。

SEO対策を行うときには多角的に施策を打ち出していくことも重要です。例えば被リンクを増やすという施策を打ち出したとします。それだけでもある程度のSEO対策にはなるかもしれません。しかし、被リンクの内容によってはあまり効果が出ないこともあります。そこでサイトの精査やIP分散も同時にすすめていくことが大切です。Googleなどの検索エンジンではサイト同士の関連性が薄いリンクは高く評価しない傾向があります。それゆえにサイト同士の関連性があるかどうかを確認しておきましょう。

アフィリエイトサイトなどは少ないコストで運営できることを強みとしています。あまりにもコストをかけすぎることになれば、その強みを消してしまうかもしれません。一方で収益率を大幅に上げることが出来るサービスを利用する場合には、十分にコストをかけるメリットがあります。