• ホーム
  • IP分散の特徴と必要性について

IP分散の特徴と必要性について

2019年05月07日
パソコンとコーヒーのカップ

通常のSEO対策ではコンテンツの充実を念頭に置くケースが多いです。それは検索順位を高めることと利用者の増加を実現するために、コンテンツの充実を実現することが有効となっていることと関係しています。

また、利用者の情報を分析することでニーズを推測することも出来ます。ニーズを推測すれば、どのようなコンテンツを用意すれば良いかが分かります。そのニーズに合ったものを用意することが出来ると、利用者の数は徐々に増えていきます。これはオーソドックスなSEO対策の手法といえるでしょう。

ところが、いかにコンテンツを充実させたとしてもそのことを知っている方が少なければ、アクセス数が増加しにくい可能性もあります。そこで重要となるのがバックリンクを増やすことです。バックリンクとは被リンクのことであり、他のサイトからの流入を実現するために有効となります。Googleなどの検索エンジンではバックリンクの情報も重要としています。

しかし、ただバックリンクを増やしても検索順位の上昇に繋がらないケースもあります。その原因の1つがIP分散を行えていないことです。IPとは、インターネット上にある住所のようなものであり、このIPがある程度被っている場合は比較的近い場所に位置すると判断されます。IPアドレスが被っている場合は同一の法人が作ったサイトである可能性もあります。そこでGoogleではクラスC以上でIPアドレスが分散されていない限り、それぞれの被リンクを評価しないというシステムを採用しています。それゆえにバックリンクの評価をしてもらうためにはIP分散を行う必要性があります。IP分散を実現すると検索結果が上昇する可能性があるということになります。

SEO対策においてはIP分散の必要性がひと際高いともいえます。バックリンクが認められることにより、利便性の高いサイトであると見なされる可能性が高くなるからです。また、専用のサーバーを用いることによってIP分散を行うことは決して難しくありません。SEO対策を有効に行いたいのであれば、1つの大きな選択肢に入るといえるでしょう。リンクを繋ぐ時にはそれぞれが一定の特徴を持つサイトであると効果が高くなります。全く特徴の異なるサイトの方がカバーできる範囲が広いと思われがちですが、関連性がないのではと思われてしまうかもしれません。関連性の強いサイト同士が被リンクを繋ぐことは検索エンジンからの評価を上げる効果にも繋がります。