• ホーム
  • IP分散とドメイン分散の関係について

IP分散とドメイン分散の関係について

2019年06月08日
カーソル

IPアドレスの分散と混同されやすいのがドメイン分散です。IPアドレスは住所のようなものであるのに対し、ドメインは運営元自体を表すものとなっています。つまり、ドメインが分散していなくても同一の場所で運営されているとは認識されません。それゆえに同一のドメインのサイトがリンクで繋ぎあっていたからといって、ペナルティの対象となることは少ないのが実際のところです。

だからと言ってドメインの分散を行わなくて良いかというとそうとも言い切れません。ドメインが異なるサイト同士のリンクは、別運営のリンク見なされることになります。それゆえに高く評価される傾向があります。ドメイン分散を行うことは検索エンジンからの評価を高めるため非常に有効です。

検索エンジンはドメインだけでなく、サイトの質も確認しています。ほとんど運営されていないような質の低いサイトからの被リンクはあまり評価しません。適度に更新がなされていて、内容もある程度充実しているサイトとのリンクを評価する傾向があります。そのため、外部対策として被リンクを増加させる際にはサイトの質にもこだわっておくことが重要といえるでしょう。

IPアドレスがほとんど同一であるということは住所が同じであるようなものなので、そういったリンクがあまりにも多いとペナルティを科されてしまう恐れがあります。一方で同一ドメインにはそこまでのリスクがありません。ただ、IP分散もドメイン分散も両方やっておくことには大きなメリットがあります。いずれもサーバーを活用することで、それほど難しくなく行えます。

リンクを繋ぐ時にはリンク元を確認しておくことが大切です。これはサイトの質を確認するという意図もありますが、それ以上に問題なのがリンク元がスパムだった場合です。スパムサイトとリンクを繋ぎあっていると見なされれば大きなマイナスともなります。リンク元を1つ1つ確認することは大切なSEO対策の方法となっています。IP分散を行うことは被リンクに対するGoogleからの評価を高めるためにも有効です。

検索エンジンはGoogle以外にもあるので、Googleに対するSEO対策を行うだけでは不十分ですが、まずは非常に大きなシェアを持つGoogleへの対策を行うことが有効となっています。検索エンジンからの評価は検索順位という形で現れます。それはアクセス数にも直結するので注意しておくことが大切といえるでしょう。