日立投資顧問の柿沼敬二氏の投資

日立投資顧問の柿沼敬二氏の投資については投資に関するコメントなどを見ると通常の投資顧問としての立場で顧客の利益を考えた投資信託の選択をしているので、リスクマネジメントがなされています。
一般的には日立投資顧問などの投資顧問会社は助言だけをする場合と運用を一任して完全に資金の管理を任せる場合がありますが、日立投資顧問の柿沼敬二氏の場合は企業や投資家に助言をすることで顧問料の支払いを受けているので、投資助言業ということになります。
投資助言というのは実際には資金を動かしませんが、メールやFAXなどで利益のありそうな銘柄を提示することで毎月決められた金額の支払いを受けるというものです。
日本では投資助言が多く、投資運用業に関しては投資ファンドを利用して行われているので資金も多額になるので、ハイリスク・ハイリターンの取引になることが多いとされています。
柿沼敬二氏の場合は一括送信形態と呼ばれている顧客全員に同一内容を送付するタイプの顧問なので成功報酬などはありませんが、情報発信を毎月することによって決められた顧問料の支払いを受けることができます。
最近ではほとんどの証券会社が取り入れているソフトウェア販売形態ですが、中には自動的に投資を行う機能があるものも販売されていて、これらの場合は投資助言ではなく投資運用なので、どちらにも分類可能な状態になっています。
一般的にはこれらのソフトウェアは高額なので投資ファンドや資金が豊富な投資家が利用しているのですが、証券会社によっては機能を限定したものを無料で提供している場合がありますが、分析の精度などに関しては投資顧問会社の用いているソフトには及ばないので、本格的な資金運用には投資顧問会社が必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました