• ホーム
  • 国内分散サーバーと海外分散サーバーの違いとは

国内分散サーバーと海外分散サーバーの違いとは

2019年08月27日

IP分散を行うときにはどこに分散するかが重要となります。近場で分散するよりも遠くにした方が効果が大きくなるケースもあり、大きく国内と海外に分けることが出来ます。

海外にIPアドレスが分散されているということは、全く異なるIPアドレスになっているといえます。それゆえにGoogleから高い評価をしてもらえる可能性が上がります。しかし、海外分散を行っているサーバーは月額料金などが高額になっている可能性もあります。それゆえにある程度コストに余裕があれば利用するといった形がおすすめです。

国内分散であっても一定以上の効果は見込めます。サーバーと契約を結ぶ際には期間にも注意しておきましょう。契約によっては途中で解約できないケースや違約金が発生するケースもあります。個人でブログなどを作る場合、思わぬことからやめることも考えられます。その時に解約金が発生することは大きなデメリットとなります。法人としてサイトを作る場合は倒産しない限りは続ける可能性が高いので、リスクは抑えられます。

ただし、サイトを運営していて収益が出なくても契約が残っていることで続けざるを得ないケースもあります。被リンクのSEO対策における効果を高めたい場合はIP分散を行うのが有効です。契約内容の中に初期費用も含まれることになります。初期費用次第ではトータルの料金が大きくなることも珍しくありません。逆を言えば初期費用が少ない業者であれば、コストを抑えられるということになります。料金の仕組みが分かりにくい場合は明らかにした状態で契約を結ぶかどうかを決めましょう。

海外の業者と契約を行うときには確実な翻訳サービスなどを利用することが有効です。IPアドレス分散を行いたい方にうってつけなのがIQサーバーです。このIQサーバーではSEO対策に役立つサービスを行っています。運営元はエムフロであり、一風変わったサイト運営を行うことが出来ます。特にサテライトサイトを運営することへのサポートが整っているという特徴があります。

サーバーや業者を比較するときには条件を明白にしておきましょう。どんなサーバーや業者にも特徴があります。その特徴が自分の求める条件に合致しているかをチェックします。これを繰り返して比較することでサイトを見つけられる可能性が高まります。サテライトサイトを運営するときなどには、そういったことを意識してみると被リンク数などがSEO効果に繋がる可能性があります。