• ホーム
  • シングルドメインとマルチドメインの違いとは

シングルドメインとマルチドメインの違いとは

2019年10月06日

ドメインにはシングルとマルチがあります。シングルとは1つのドメインを使える状態のことを言います。それに対してマルチは2つのドメインを状況によって使い分けることが出来ます。利便性だけで言えばマルチの方に分がありますが、シングルの方が費用が安く抑えられるというメリットもあります。運営しているサイトがブログや情報発信ページといったシンプルな内容の場合はシングルでも十分かもしれません。ところがECサイトのように取り扱う情報量が極端に多い場合にはマルチであることの重要性が上がります。どちらにもメリットがあるので、自サイトに合っているのはどちらかを検討することが重要となります。

SEO対策は、コンテンツを増やすことによって行うことも出来ます。コンテンツを増やすということは取り扱う情報量が増えるということです。取り扱う情報が多いとたくさんの利用者が様々な目的でサイトを訪れてくれるかもしれません。それがSEO対策においては非常に重要です。しかし、被リンクなどのSEO対策を行ったとしてもIPが分散出来ていないと効果が少なくなってしまう可能性があります。それゆえに費用をかけてでもIPアドレス分散を行うことが重要です。

レンタルサーバーの時にもシングルとマルチの使い分けが大切です。どちらにするかによってその後の展開が大きく変わるので、比較検討をすることが重要となります。特にECサイトを運営したい場合はその選択の重要性が上がることもあります。ドメイン分散を行えると被リンクの効果が高くなります。ドメイン分散を検討している場合はそれをサーバー選びに反映させるようにしましょう。

SEO対策を行う上で忘れてはいけないのがSSL化です。SSL化とは、不正アクセスなどを防ぐための暗号化のことを言います。ECサイトなどでは利用者がクレジットカード情報などを入力する可能性があります。その時にSSL化を行っているかどうかで安心感が大きく変わります。そういった入力を行わないサイトは別ですが、個人情報の入力を行うサイトの場合はSSL化を優先しておきましょう。

利用者にとって使いやすいと判断されるサイトは検索順位で上位に表示される可能性が高くなります。しかし、それを判断するのはGoogleなどのアルゴリズムです。つまり、アルゴリズムの判断で良い評価をしてもらえるようにすることは重要です。それが検索順位を高めることに繋がります。レンタルサーバーは比較しましょう。