パソコンの使用仕方を教える女性

サイトを運営する上で重要な要素の1つにIP分散サーバーがあります。これはネットワーク上の機器を識別するための住所のようなものです。Googleではサイトが設置されているIPアドレスがクラスC以上で分散されていない限り、それぞれの被リンクを評価しないという特許を取得しています。それゆえにIP分散サーバーを利用することによって、被リンク対策を行いやすくなります。これはSEO効果を高めるためにも非常に重要な要素といえるでしょう。

SEO効果を高めるコンテンツを用意することは、アクセス数をアップさせる上で非常に重要となります。サイトの利用者の多くはコンテンツを目的として、サイトを訪れているからです。ただ、そういった内部対策だけではSEO効果を高めることに限界があります。被リンクなどを含めた外部対策を行うことが重要となっています。被リンクが多いサイトはリンク先からも様々な情報を得ることが出来ます。また、被リンクが多いということは様々なサイトから便利であると認識されている可能性があります。それゆえにGoogleでは被リンクの数を重視する傾向が見受けられます。

しかしながら闇雲に被リンクを増やしてもなかなか評価を高めることは出来ません。あくまで自サイトと関連性のあるサイトを被リンクで繋がることが重要といえるでしょう。また、IPアドレスがあまり分散していなかった場合、Googleではその被リンクを重視しないという側面があります。IPアドレスが分散していない場合は自分で作ったサイト同士でリンクを繋ぎあっている可能性があるからです。そこで分散できるサーバーを用意して、確実に分散を行っていくことが大切となっています。被リンクの効果を高めるために非常に重要な手段です。

SEO対策を行うときにはコンテンツの充実や利便性などを含めた内部対策と、被リンクやIPの分散などを含めた外部対策の両方を行っていくことが重要となります。それらをアルゴリズムにマッチする形で満たすことが出来れば、サイトの評価は必然的に高まっていきます。しかし、アルゴリズムは定期的にアップデートされるのでその内容に合わせることも大切です。それゆえにGoogleなどがアップデートを行った場合には情報を入手するようにしましょう。加えてガイドラインをよく読んでおくことも大切です。ガイドラインに違反するとペナルティが加えられることもあります。

記事一覧
IP分散サーバーを利用するメリットとデメリット

IP分散サーバーを使うことのデメリットは多くありませんが、いくつかあります。その1つは費用がかかるということです。IP分散サーバーを利用するためにはそのサービスを行っている業者から借りることになります。それゆえに月額料金がかかってしまいます。もしも、自社で用意するのであれば月額費用は抑えられますが、

2019年06月24日
IP分散とドメイン分散の関係について

IPアドレスの分散と混同されやすいのがドメイン分散です。IPアドレスは住所のようなものであるのに対し、ドメインは運営元自体を表すものとなっています。つまり、ドメインが分散していなくても同一の場所で運営されているとは認識されません。それゆえに同一のドメインのサイトがリンクで繋ぎあっていたからといって、

2019年06月08日
同一IPによる被リンクSEOの影響とは

同一IPアドレスでリンクを繋ぎあっている場合、それは同一の個人あるいは法人によって繋がれているのではと疑われることがあります。簡単に言うと自作自演です。もし、自作自演がまかり通ってしまった場合はバックリンクを大量に用意することが出来てしまいます。それによって検索エンジンの順位を上昇させることはガイド

2019年05月20日
IP分散の特徴と必要性について

通常のSEO対策ではコンテンツの充実を念頭に置くケースが多いです。それは検索順位を高めることと利用者の増加を実現するために、コンテンツの充実を実現することが有効となっていることと関係しています。また、利用者の情報を分析することでニーズを推測することも出来ます。ニーズを推測すれば、どのようなコンテンツ

2019年05月07日